外壁塗装 吹き付けとローラー塗り

外壁塗装に関して、ネットで色々と検索していると、吹き付け塗装とローラー塗装という事を調べている方が多いようです。。
塗装の方法として、吹き付け塗装、ローラー塗装という方法があるのは、多くの方がすでにご存じかもしれませんが、それぞれメリットやデメリットがありますので、少し書いていきたいと思います。。

吹き付け塗装という事ですが、これは、外壁の種類にもよります。 現在 純和風の家で、昔ながらのリシン壁などの場合は、吹き付けによるパターンを付けるという事もあります。 この場合の吹き付け塗装は、そうでないど模様がつかないので、仕方ないかもしれません。  まぁ、今ではマスチックローラーという多孔質のローラーを使って、模様を付ける方法もあるので、そのようなパターンの壁がお好みであれば、吹き付け塗装を選ばなくでも良いと思います。

パターンを付ける以外の吹き付け塗装というと、スプレーガンや、エアレスと言われる、塗料を圧縮して、外壁に吹き付ける方法の吹き付け塗装があります。  これらは、均一に全体的に塗れるという事がメリットだと思いますが、機械を使う場合は、どうしても、塗料の粘度が薄くないと機械を通らないので、薄く塗装してしまいがちです。 その分 塗装回数を増やすという事も考えられますが、周りへの飛散を考えると、吹き付け塗装は、今では少し少ないのかもしれません。
神戸 塗装
ローラーによる塗装の場合は、粘度を高めても塗装が可能な為、膜厚のしっかりついた塗装が可能です。 また、先ほどの吹き付けと違い飛散も少ないのがメリットです。
しかし、ローラー塗りの場合は、細かいところの塗装は刷毛による塗装になり、どうしても塗れない場所が出やすいのと、職人の技術によって、均一でない場合もあると思います。
双方、メリット、デメリットがありますが、今では近隣への飛散を考えると、ローラー塗装の方が一般的かも知れません。 その分、職人の技術は重要になってくるかもしれませんね。。

塗装の膜厚、希釈の比率に関しては、各メーカーともカタログに記載されていますが、先ほど書いたようにローラーの方が希釈率は低いです。 その分、厚塗りが可能と考えて良いと思います。

ただし、材料によっては、吹き付け塗装でないと塗装できないという材料もあります。
親水性で汚れが付きにくい光触媒と言われる塗料なども、吹き付けでないと塗装できない材料になります。。
まぁ、塗料の種類によっても、ローラー塗りか、吹き付け塗装かに違いが出てくるので、その辺りは、どの材料を選ばれるかによっても違ってきます。。
神戸 塗装 今井塗装